Travel

旅のおすすめアプリ −より身軽に旅する方法

持ち運ぶのは大きなスーツケースではなく、スマートフォン。

と言っても、文字通りに受け取って、パンパンに詰まったバッグを空港に向かう道路に放り投げてはいけない。それはとても危険なことだ。

独立記念日や感謝祭などの休み、またはいかなる理由でも街を離れるなら、身軽に旅をするに越したことはない。忘れ物がないかを確認する手間が省けるし、雑踏の中を歩くのも楽、何よりそれほど大きな荷物を運ぶ必要がないのだから。

どんな旅であれ必ず持っていくものがあるとすれば、必要なアプリを搭載したスマートフォンだろう。このスマートフォンのおかげで、バッグの中身を減らすことができ、余計なことに気を取られずに移動ができるようになる。

搭乗券と旅の書類

昨今、技術が進歩する中で、多くの旅行会社もその波に乗り遅れることなく進化している。搭乗券や乗車チケットのような書類は、Eメールか専用アプリを通してスマートフォンに直接送られてくる。もはや書類が詰まったフォルダーを脇に抱えて歩く必要はない。

たとえばAndroid版かiOS版の無料アプリFly Deltaを見てみよう。このアプリには旅程や搭乗券、フライト情報を保存しておくことが可能で、搭乗予定のフライト状況や搭乗ゲートがどこかを確認することもできる。他の航空会社も同様のアプリを出している。忘れてはならないのは家を出る前にスマートフォンをフル充電しておくことだけだ。

大手ホテルチェーンもオリジナルのアプリを提供している。その多くは旅行中に書類に記入する手間を減らしてくれるもので、ダウンロードする価値がある。たとえばAndroid版やiOS版のHyatt Hotelsの無料アプリは、予約の詳細や部屋の室料が保存できるだけでなく、アーリーチェックインもでき、希望の品を部屋に届けておくようリクエストすることもできる。一部のHyatt Hotelsでは、このアプリをインストールしたスマートフォンを部屋の鍵として使うこともできる。

複数の情報源から得たさまざまな旅の情報を一つにまとめてくれるアプリもある。その代表例が、無料のAndroid版やiOS版があるTripItだ。予約確認メールをすべてTripItに転送しておけば、カスタマイズした旅程表を勝手に作ってくれ、いつどこに行かなければならないかを正確に知らせてくれる。おまけにフライトから車の手配までサポートしてくれるのだ。年間49ドルを払ってProバージョンにアップグレードすれば、リアルタイムでのフライト状況アラートや空港の保安検査の待ち時間のお知らせなど、追加の機能を使うことができるようになる。

地図とガイドブック

かさばる地図や分厚いガイドブックをバッグに詰め込む時代は終わった。スマートフォンを何回かタップすればすべて分かるようになったからだ。Lonely Planetガイド(Android版、iPhone版いずれも無料)からTripAdvisor(こちらもAndroid版、iPhone版ともに無料)まで、旅に出た際の情報やアドバイスには事欠かない。

地図アプリや旅行ガイドアプリのほとんどは、内容をオフラインで見ることができるよう、コンテンツを事前にダウンロードしておくことができる。つまり旅に出かける前にダウンロードを済ませておけば、旅先でのネット接続のために高額な金額を支払わなくてすむわけだ。たとえばVisit A City(Android版、iPhone版いずれも無料)は、3,000カ所以上の都市を網羅し、オフラインでの使用が可能なアプリで、さまざまな旅行プランや、旅先でするべきことリスト、おすすめ観光スポットなどを見ることができる。

Google Maps(Android版、iPhone版いずれも無料)にもうまい使い方がある。メニューから「オフラインマップ」を選べば、旅行前にマップの一部をスマートフォンにダウンロードすることができる。インターネットにアクセスできない場所でこれは便利な機能で、Apple Mapsにはない機能だ。

もしもインターネットアクセスの問題がない場所で休暇を過ごすなら、Google MapsもApple Mapsもさまざまなおすすめスポットやアクティビティを教えてくれる。Google Mapsアプリなら、「周辺のスポット」タブを引き出せば、バーやレストラン、イベントなどを探すことができる。Apple Mapsの場合は、検索ボックスをタップすれば、同じようなリストが現れ、おすすめの店や面白そうなスポットを見つけることができる。

電子書籍とオーディオブック

a Kindle e-book

電子書籍なら本を好きなだけ持っていける。(写真: David Nield)

もしもあなたが「本の虫」で、休暇を読書しながら過ごせるだけの本を持っていこうとすると、スーツケースが大変な重さになりかねない。しかし、読みたい本が電子書籍やオーディオブックの形でスマートフォンに収まってしまえば、スーツケースの重さに苦しめられることはなくなるのだ。紙の書籍の方が好きだという人も、旅行の時だけは電子書籍やオーディオブックに切り替えることを検討してみて損はない。

世界で一番よく知られたアプリを出しているのはAmazonだ。Android版やiOS版の無料のKindleアプリ向けに多くの電子書籍が存在しており、購入やレンタルすることができる。もしもKindle電子書籍リーダーも持っているなら、一つのデバイスで読み進めた箇所を、アプリが他のデバイスで同期してくれる。

Amazonはまた、Audibleというオーディオブックサービスも提供している。つまり、気分に応じて読書のモードを変えたいなら、お好みの本をオーディオと電子書籍で切り替えながら読めるわけだ。30日間の無料お試し期間終了後、月額15ドルで登録すれば最初のオーディオブックは無料となる。アプリにはAndroid版、iOS版がある。

Kindle以外にもGoogle Play Books(Android版とiOS版)やKobo Books(Android版とiOS版)、Apple Books(iOS版のみ)などがあり、いずれも電子書籍とオーディオブックを提供している。

カメラは置いて出かけよう

あなたのスマートフォンにはもちろんカメラが付いているだろう。とすれば、これまでデジカメが占めていたスペースを解放し、カメラはスマートフォンの機能で間に合わせることをそろそろ検討してみよう。もしも最新のスマートフォンを持っているならなおさらだ。最新機種には光学ズームや光学式手ブレ補正機能、夜間モード強化機能などが備えられていることも多い。

スマートフォンで撮る休暇中の写真の質を上げるため、撮影の小道具を持っていこうと考えている人もいるかもしれない。Sweegoの三脚(Amazonで14ドル)のようなものを使えば、写真は手ブレ知らずとなり、タイマー機能をフルに使って自撮りすることもできる。

olloclip(Amazonで100ドル)のようなレンズ一式も写真を大きく変えてくれる。ほとんどの最新機種に取り付けることのできるこのレンズを使えば、超広角や魚眼など一味違った写真を簡単に撮ることができる。

ソフトウエアのこともお忘れなく。Halide(iOS版。6ドル)やCamera FV-5(Android版。4ドル)のようなアプリなら、スマートフォンの標準カメラアプリにはないISO調整やホワイトバランス、絞り調整、色調設定などの機能を使うことができる。

その他おすすめアプリ

PackPoint

PackPointのようなアプリを使えば、荷物の詰めすぎや入れ忘れを防いでくれる。(写真: PackPoint)

休暇(または出張)の出発時に話を戻そう。PackPointはAndroid版でもiOS版でも無料のアプリで、目的地やそこの天気予報に基づいて、スーツケースに何を詰めればよいかを教えてくれる。言い換えれば、必要以上のセーターをスーツケースに詰め込むことを防いでくれるのだ。プレミアム版(一度3ドル払えばよいだけ)を購入すればTripItやEvernoteと接続でき、持ち物リストをカスタマイズできるようになる。

言葉が通じない国に行くなら、Google翻訳が役に立つだろう。AndroidでもiOSでも無料のこのアプリは、かつては分厚い辞書が果たしていた役目を担ってくれる。Google翻訳は100以上の言語をカバーしており、インターネットアクセスがない場所でもオフラインで使うことができる。おまけにスマートフォンを看板やメニューにかざせば、カメラで読み込んだ文字を翻訳してくれる。

Android版でもiOS版でも、それぞれのアプリストアで簡単に見つけることのできる数多くのモバイルゲームにも触れておくべきだろう。モバイルゲームがどうして旅を身軽にするのか?旅行中に楽しめるゲームが十分あれば、Nintendo Switchやボードゲームを家に置いて出発することができるからだ。たとえばボードゲームのスクラブルのデジタル版はAndroidでもiOSでも無料で、好きな友達と対戦することができる。

これまで私たちが示した提案のうち少なくともいくつかは、身軽に旅行する上で役立つだろう。さらに、スマートフォンを使ってより安い航空券を見つけたり、旅行中に渋滞に引っかかることを避けることができるのもお忘れなく。一番大切なのは、旅行中にスマートフォンを失くさないよう注意することだ。

 

この記事はPopular ScienceのDavid Nieldが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。