Googleでお得なホテルを簡単に検索—こうすれば節約できる

May 15, 2019
Googleでお得なホテルを簡単に検索—こうすれば節約できる
Scroll Down

休暇の計画を立てるときに最も大変なことの1つはホテル選びだ。その街のさまざまな地区の中でどこが気分にぴったり合うかリサーチしたり、予算内に収まっているか確かめたりと、宿泊先選びは苦労の種にもなる。

しかしGoogleがひそかに強力な機能アップデートを行ったことで、ホテル予約の苦労が軽減されるようになった。

誰もが一度はGoogleを利用してホテルを検索したことがあるだろうが、Googleホテル検索の一新により、Googleはよりスムーズなホテル探しを実現した。トップページでチェックイン/チェックアウト日と目的地が簡単に入力でき、入力が完了すると、その都市で予約可能なホテルがすべて一覧表示される。過去のホテル利用者の評価や設備といった標準的なフィルタリングも容易で(残念ながら、浴槽付きの部屋を選択する機能はないが、プールを備えたホテルの検索は可能)、決め手を見つける手がかりとなる。

Googleがこの業界の競争環境を大きく変えるかもしれない。理由の1つは、割引料金を提供しているホテルのみを利用者に表示する「割引あり」機能のリリースだ。この機能を使って、ナッシュビルで週末に泊まれるホテルを試しに検索してみると、「割引あり」として通常より20%も低い価格の高級ホテルが表示され、「大幅割引あり」として一般ホテルチェーンが30%オフで表示された。

いずれかのホテルをクリックすると、そのホテルと周辺地域についての詳しい情報が表示される。Google Mapとの統合により、最寄り駅までの距離や人気の観光名所、その地区のおすすめアクティビティに基づいた、ホテルの立地に対する評価も確認できる。これは、家族で過ごす休暇の計画を立てるときに役立つだろう。出張なら観光名所はさほど重要ではないが、家族での休暇では、アクティブに過ごしたいと考えるものだからだ。トリップアドバイザーなどのホテル予約サイトのレビューが引用され、Googleからも各ホテルについての豊富な情報が提供されている。

Googleホテル検索のもう1つの大きな変更点は、ほとんどのホテルをこの検索サイトで直接予約できるようになったことだ。実際にはホテルズドットコムやトラベロシティなどの予約サイトから予約している場合でも、Googleがホテル予約の仲介役を務めてくれる。Googleが直接提供しているホテルもあり、その場合、ユーザーはGoogle Payを利用することができる。

Google Oneのメンバーであれば、Googleホテル検索を利用すると、この有料のストレージサービスを契約したメンバー向けホテル割引が適用されるかどうかも通知される。

それでもまだ、ホテルを決めかねているなら、夢のようなイギリスの城や、ビッグアップルを象徴するニューヨークの摩天楼2019年に予約すべきベストホテルで紹介したホテルに泊まってみてはいかがだろう?

この記事はTravel & LeisureのTanner Saundersが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。

pick up

new article

View All

当サイトからのお申し込みで
合計20,000ポイント*
獲得可能

詳しくはこちら
  • ※年会費31,900円(税込) 家族カード1枚目無料、
    2枚目以降13,200円(税込)
  • ※カードのお申し込みに関する詳細はこちらでご確認ください。
  • *アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム
    "メンバーシップ・リワード"のポイント