レストランの味を再現できるミールキットを宅配で。Oisixが人気の理由

August 31, 2020
レストランの味を再現できるミールキットを宅配で。Oisixが人気の理由
Scroll Down

有名料理人が監修したレシピを自宅で気軽に味わえるミールキット「Kit Oisix」が話題になっている。有機野菜の販売などを手掛けているOisixが2013年に販売をスタートした。オンラインで注文し、宅配されるという仕組みのため、新型コロナウイルスの影響で外出や外食の機会が制限されるなかで、2020年に入ってからも利用者数は右肩上がり。6月までに累計5500万食を販売した。

手間は省くが手抜きには見えない“ちょうど良さ”

「ミールキット」とは食材や調味料をパッケージし、レシピとともに宅配するサービスだ。同社広報室の黒須絵理氏は「女性の社会進出によって、料理の時短ニーズが生まれた」と事業に参入した狙いを話す。今夜のおかずのレシピを考えながらスーパーで買い物し、いちから材料の下ごしらえ……こうした手間を省いてくれるのが、ミールキットの最大の利点である。

その一方でミールキットの“ミソ”は、しっかり調理の工程が含まれるという点にある。宅配された材料をレンジで温めるだけ、出来合いの料理を皿に盛るだけでは、レトルト食品やスーパーやデパ地下で売っている総菜でこと足りる。そうではなくて、材料をフライパンで炒めたり、鍋で煮たりというプロセスが存在することで「手抜き」に対する罪悪感が解消され、周囲から「ラクをしている」と思われずに済む。消費者の微妙な心理にうまく寄り添ったサービスなのだ。「手間はかからないけど、あまり簡単になりすぎないように。このバランスが重要なのです」と黒須氏も話す。

2品が20分以内に完成。“攻めたメニュー”が常時20種

Kit Oisixは主菜と副菜の2品が20分以内で完成するようにレシピを構成し、すべてのメニューに5種類以上の野菜を使用。和・洋・中・エスニックなど、常時20以上のメニューを販売している。利用するためには、無料で入会できる同社の宅配サービス「おいしっくすくらぶ」に入会し、WEBサイトから好きなメニューを注文するだけ。宅配便の時間指定を使って、都合のいい日時に届けることが可能だ。価格はメニューによって異なるが、2人前で980円(税別)〜に設定(送料別)。支払いはクレジットカードによるネット決済などに対応する。

メニューは、定番の「デイリー」、小さな子供向けの「キッズ」、10分で完成できる「クイック10」、冷凍で届く「フローズン」などのシリーズに分類している。「ビビンバのように家庭ではつくりづらいメニューがとくに人気です」と黒須氏。汎用性のないマニアックな調味料や食材を張り切って買ったはいいが、結局1回しか使わずじまいという経験に覚えがある向きも少なくないと思うが、ミールキットであれば、そのつど必要な分だけが宅配されるので、家庭で気軽に“攻めたメニュー”を楽しめるわけだ。食材を無駄にすることもない。

人気シェフが監修したメニューも

冒頭でも触れた有名レストランの料理人や著名な料理研究家にレシピ監修を依頼した「シェフシリーズ」は2013年9月からスタートした。人気和食店「賛否両論」の笠原将弘氏、高級イタリア料理店「アクアパッツァ」の日髙良実氏、料理愛好家の平野レミ氏などにメニュー監修を依頼。常時2種類程度のメニューをシェフシリーズとして販売している。

現在販売中の「コウさん家の野菜たっぷりプルコギ」は、料理研究家のコウケンテツ氏が監修を担当している。「韓国料理のなかでも甘めの味つけのプルコギは、小さな子供も含めて幅広い層に受け入れられる」(黒須氏)との狙いからメニューを開発した。

「コウさん家の野菜たっぷりプルコギ」の内容は、豚バラ肉のスライス、タマネギ、ニラ、シイタケといった野菜、おろしショウガ、おろしニンニク等。これらの食材をカットしてフライパンで炒め、砂糖、醤油など、どこの家庭にもある調味料で味つけすれば完成だ。切って炒めるだけなので、手間もかからないし、レシピがあるので味がブレる心配もない。副菜として「韓国風の塩たまご焼きケランマリ」をセットにし、栄養バランスにも気を配る。

主菜の「コウさん家の野菜たっぷりプルコギ」
副菜の「韓国風の塩たまご焼きケランマリ」

徹底して顧客の声に耳を傾ける

ニーズの高まりを受け、ミールキット市場では各社がしのぎを削っている状況だ。そのなかで同社では、顧客の声を徹底的に聞くことで利用者に寄り添い、支持を伸ばしている。子供がメニューを審査する「コドモニター」もそうした取り組みの一環で、カット済みのニンジンのサイズを変更するなど、商品開発に生かしている。

顧客のリアルな声を聞くことで生まれたユニークな“調理工程”もある。小さな子供をもつ方ならご存じのとおり、彼らは料理ができるのをじっと待っていてはくれない。お腹がすいているし、親の関心をひきたいからぐずる子も少なくない。そこで、調理工程のなかに「子供にチーズをあげる」という項目を加え、ひと口サイズのチーズを同梱したところSNSで話題になり、継続的に採り入れることになったという。

提供:Oisix

拡大傾向が続くミールキット市場

2019年からはヴィーガンメニューの販売をスタート。「味噌づくり」や「梅仕事」といった昔ながらの仕事を体験する「手仕事シリーズ」も好評だ。今後もレストランなどでの外食がままならない状況が続けば、ハレの日向けのちょっとした贅沢を楽しめるメニューの需要も増えていくだろう。クレジットカードによるネット決済によって、自宅にいながら購入できるミールキット市場の可能性はますます広がりそうだ。

日々のお買い物に“お得感”を添える方法

バリエーションがさらに増え、今後ますます私たちの食卓に登場する頻度が増えることが予想されるミールキット。注文や決済もオンラインで完結することがほとんどだが、決済にクレジットカードを使用することで、実は多くのメリットを得ることができる。

特にミールキットはリピート購入するケースも少なくないが、日常の暮らしを見渡せば、公共料金の支払い、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでの買物など、さまざまなシーンでポイントを貯めることができる。さらに、一度ポイントを交換すれば、有効期限が無期限になるカードも。貯まったポイントの使用方法もカードによって違うため、カード利用の支払いから、マイルや提携ポイントへの移行、カード会社が厳選した特別なアイテム・体験との交換など、ライフスタイルに合わせて多様な選択肢があるクレジットカードを選ぶとよいだろう。

ミールキットをさらに賢く楽しむ方法。

Oisix (オイシックス)をご利用の場合、100 円につき通常1ポイントにボーナス1ポイントが加算され、2ポイント獲得できます(2021年5⽉31⽇まで)。アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム <メンバーシップ・リワード®>の詳細はこちらから。


TEXT:石田哲大、PHOTO:鈴木泰介 ※その他の提供元は各写真に記載

LifExpress編集部

pick up

new article

View All

当サイトからのお申し込みで
合計20,000ポイント*
獲得可能

詳しくはこちら
  • ※年会費31,900円(税込) 家族カード1枚目無料、
    2枚目以降13,200円(税込)
  • ※カードのお申し込みに関する詳細はこちらでご確認ください。
  • *アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム
    "メンバーシップ・リワード"のポイント