カード・コンタクトレス・生体認証決済の未来予想図

February 19, 2020
カード・コンタクトレス・生体認証決済の未来予想図
Scroll Down

私たちが普段利用する支払い方法がまた面白くなりそうだ。過去20年間でクレジットカード決済の利用は着実に増加してきたが、10年以上前にコンタクトレスカードが登場して以降、カード本体に対する技術革新のスピードはスローダウンしていた。しかし最近登場した生体認証カードによって時代はまた大きく変わろうとしている。

カードをこれ以上アップデートすることにどんな価値があるのだろうか。この10年でコンタクトレスカードは特にヨーロッパで急速に普及した。世界にはいまだにこのカード機能を採用していない市場が多数存在する一方、すでにカード決済を通り越してモバイル決済を行っている市場もある。このような状況において今後も世界中で多くの人々がカード決済すると期待できるのだろうか。

便利さは無限大

コンタクトレスカードについて消費者が持つ懸念点といえば、主にセキュリティと利便性の問題だ。「タップで支払い」が可能なコンタクトレスカードに満足している人にとって、利用限度額が設定されていることが混乱と不満のタネになっている。

またコンタクトレス決済の限度額は国によって違うため、いつどこでタップ決済できるのか事前に把握する必要がある点もマイナス要素といえるだろう。

一方で限度額が高ければ高いほどセキュリティが懸念される。そしてこの点こそが生体認証決済カードの出番である。生体認証の素晴らしい点は利便性を損なわない安全な決済方法の数少ない一つであること。コンタクトレスカードのスムーズなユーザーエクスペリエンスと生体認証の信頼性は最強の組み合わせだ。

現在実施されている試験導入の事例からも明らかなように、銀行は限度額の撤廃を最優先事項と考えている。フランスのSociété Généraleが2019年10月に出した声明や、3月のイギリスのNatWestの発表によると、どちらの銀行もコンタクトレスカードの利用上限額を撤廃するための試験的運用を進めている。

生体認証カード導入への最高の布石

コンタクトレスカードの導入はヨーロッパで大きな成功を収めたが、クレジットカードのEMV(IC型クレジットカードの統一規格)化をいまだに行っているラテン・アメリカや中東などの地域では、あまりうまく進んでいない。しかしながらこの状況にも変化が訪れている。

いまだにコンタクトレスカードを提供していない銀行は、従来のコンタクトレスカードの導入にかかる手間を節約して、より安全で便利な生体認証コンタクトレスカードの提供開始に踏み切ることができる。しかも小売店の決済端末インフラを整備してコンタクトレスカードに対応できるようになれば、さらなる投資を行わなくても生体認証カードが使用できるようになるのだ。

MastercardやVisaなどの大企業が新しく発行する全てのカードと決済端末がコンタクトレス決済に対応することが義務づけられていることからも、コンタクトレスカード技術が今後数年で世界的な急成長を遂げることは確実である。そしてこの事実は生体認証カードが世界中で使われるようになるための最高の布石となる。

コンタクトレス=クール

コンタクトレスカードを生体認証にアップグレードする理由としては、安全性の高さはもちろんだが、クールさという要素も忘れてはならない。

革新的なフィンテック企業に追いつこうと必死の銀行にとって、生体認証決済カードは顧客によりシームレスなユーザーエクスペリエンスと豊富な選択肢を提供するだけではない。刺激的な新しい決済方法であるというイメージを植え付けることによって、多くの顧客がこの新しいカードを手に入れたいと思うようになるだろう。

カード決済における生体認証の未来の可能性は、単なる生体認証決済カードの枠をはるかに超えている。デジタル金融サービスにとって消費者に安全性と利便性を担保することは昔からの大きな課題だったが、これを解消する生体認証は革新的な決済手段として今後数年に渡って高く評価されるだろう。

コンタクトレスカードからウェアラブル・USBドングル、そしてその先へーー私たちをワクワクさせる可能性が無限にある。

 

この記事はATMmarketplace.comに掲載され、NewsCredパブリッシャーネットワークによってライセンスされています。ライセンスに関する質問については、legal@newscred.comまでお問い合わせください。

pick up

new article

View All

当サイトからのお申し込みで
合計20,000ポイント*
獲得可能

詳しくはこちら
  • ※年会費31,900円(税込) 家族カード1枚目無料、
    2枚目以降13,200円(税込)
  • ※カードのお申し込みに関する詳細はこちらでご確認ください。
  • *アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム
    "メンバーシップ・リワード"のポイント