極小の“ナノ・バッグ”がファッション界を席巻する

October 29, 2019
極小の“ナノ・バッグ”がファッション界を席巻する
Scroll Down

2019年のパリ・ファッションウィークでは、フランスのファッションレーベルJACQUEMUSの極小ハンドバッグがキャットウォークに登場すると、たちまち大きな話題となった。

「ミニ・ル・チキート」と名付けられたこのバッグは、2018年秋冬シーズンに大ヒットした同ブランドの「ル・チキート」のミニチュア版。この極小バッグは、もともとはショーの招待客へのプレゼントとして作られ販売用ではなかったが、人気急上昇中の、小型化が進むファッションアクセサリーの最新トレンドを示唆している。これからのシーズンのバッグに関していえば、注目は極小のハンドバッグ。“マイクロ”はもう古く、“ナノサイズ”の時代が到来しているのだ。

フリスク2〜3粒やAirPodsのイヤフォンが1つ入るくらいの大きさしかないミニ・ル・チキートは、一見すると何かのジョークにしか思えない。しかし、これに続いてフランスの老舗メゾンLOUIS VUITTONも口紅1本しか入らない独自のナノ・バッグを発表。長いチェーンのついたこのバッグは「1920年代のメーキャップ・ボックスへのエレガントなオマージュ」としてデザインされたという。カラーは2色展開しているが、どちらも既に完売している。LOUIS VUITTONに先んじてミラノではPRADAも小さなポーチ・バッグを披露。iPhoneを入れたら他には何も入れられないほど小さなこのナノ・バッグは、アンクルブーツのストラップにつけて着用できる。

マイクロ・バッグの人気は、社会的ステータスの表明として解釈されている。自分の持ち物でいっぱいの巨大なカバンを引きずって歩くことは、グラマラスさの対極にあるからだ。ほとんど何も持ち歩かなくてもよいということは、自分の代わりに誰かが重い荷物を運んでくれていることを暗示している。

ハイストリート・ファッションブランドもこのトレンドに追随し、「ASOS」「TOP SHOP」「ZARA」などから、スポーティーなバムバッグからビーズで覆われたグラブバッグまで、様々な極小カバンがリリースされた。しかしこのトレンドが「ナノ」の領域に拡張したのは、一層小さなものがトレンドになることの予兆なのか、それとも単にマーケティング上のギミックなのだろうか。

PRエージェンシーBorkowskiのコンサルタントを務めるJane Allan氏はこう述べている。

「JACQUEMUSのマイクロ・バッグが注目を浴びたことからも理解できるように、小さなサイズ感が与えるインパクトと話題の広がりはとても大きく、そして広範囲に広まっている今、小さいアイテムは紛れもなく魅力的なものとして捉えられるでしょう」

「このバッグにはノベルティの要素があり、インスタ映え間違いなしのアイテムです。ファッショニスタたちが便乗すると、とたんにブランド価値は増幅します。これによって、マーケティングに投資しなくてもブランド認知が拡大していきます。非常にスマートなやり方です」

ミニ・ル・チキートが今後購入可能になるかどうかは明らかにされていないが、デザイナーのSimon Porte氏は、単なるマーケティング作戦には留まらないと示唆している。先月、パリで行ったObserver紙のインタビューで、同氏はこう述べている。

「私は自分のキャリアの初期に持っていたアートでコンセプチュアルなムードを表現したいと思ったのです」

メインストリームのファッションは伝統的に「コンセプチュアル」よりも「ウェアラブル」との親和性が高い。しかし、このナノ・バッグのトレンドはハイストリートでも受け入れられるかもしれない。しかし、これはまだ可能性の話である。キャッシュレス化が進む中、買い物客の多くは、ストラップつきのカードホルダー以外何も持たなくても大丈夫だということに気づき始めている。

このナノ・バッグ人気に加え、例えば今年のアカデミー賞でGemma Chanが着たValentinoのドレスや、ミラノファッションウィークでMax Maraのモデルたちが身につけた衣装、さらにはウェディングドレスまで、ポケット付きのガウンの人気が再燃していることからも、大きなバッグが無駄なものと見なされる日も近いだろう。

Allan氏はこう語っている。

「小さなバッグには、近藤麻理恵氏が掲げるシンプルさへの答えが秘められていると言えるのではないでしょうか。持ち物が少ないほど、遠くに行ける。小さなバッグは私たちに、本当に大切なものは何かを考えるきっかけも与えてくれるでしょう」

この記事は、The GuardianのLeah Harperが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。

pick up

new article

View All

当サイトからのお申し込みで
合計20,000ポイント*
獲得可能

詳しくはこちら
  • ※年会費31,900円(税込) 家族カード1枚目無料、
    2枚目以降13,200円(税込)
  • ※カードのお申し込みに関する詳細はこちらでご確認ください。
  • *アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム
    "メンバーシップ・リワード"のポイント