Warner Brothersが興行収入の予測にAIを導入

February 19, 2020
Warner Brothersが興行収入の予測にAIを導入
Scroll Down

ハリウッドの大手映画制作会社Warner Bros.が、ロサンゼルスに本拠をもつAI開発のスタートアップ企業Cinelyticとの提携を発表した。今後はCinelyticが開発するAIアルゴリズムを活用して制作する映画の成功度を事前に予測していくという。この提携によりWarner Bros.はマーケティング施策や映画配給戦略の面でもビッグデータを活用し、今までよりもより確実なビジネス展開が可能になるとしている。

AIは便利なサポートツール

CinelyticのCEO、Tobias Queisser氏は「AIと言うと少し恐ろしい感じがするかもしれません。しかし現時点でのAIは単体で独創的な判断をすることはできません。今でも人間が持つ経験と直感が不可欠です。しかし、AIはデータの高速処理や膨大なデータセットの分析、また人の目には分からない傾向やパターンを示し出すことに長けているのです」と述べて、AIが意思決定を補助するための便利なツールであることを強調している。

ハリウッドでもAIが使われ始めた

今回の提携で特筆すべき点は、ハリウッドがついにAIと機械学習の活用に向けて一歩前進したことだ。

最近リリースされた記事は今回の提携合意を次のように評価している。「Warner Bros.もAIを正式に導入する映画スタジオの仲間入りを果たした。同社の映画制作部門は2019年に提供開始されたAI搭載のプロジェクト管理システム導入の契約をCinelyticと交わし、新契約のもと、同システムが提供する包括的なデータ分析と予測アナリティクスを映画制作開始段階の意思決定に活用する予定だという。このシステムを活用することで、あらゆる地域・マーケットにおける俳優の価値を評価し、配給・配信作品の興行収入を事前に予測することが可能になるだろう」

しかしCinelyticにはすでに複数の競合が存在することも事実だ。前述の記事は次のように続ける。「映画業界にAIを活用しようとする会社はCinelyticだけではない。この数年間に同様のコンセプトを提唱する会社が複数出てきている。例えば2015年に創業されたベルギーのScriptBookは、映画の台本を分析するだけでその映画が興行的に成功するかどうか予測できるとしている。同じく2015年に創業されたイスラエルのスタートアップVaultは(数ある指標の中でも)映画の予告編に対するオンライン上の評価を分析することで、どの市場のどの年齢層がその映画を実際に見に行くのかを予測する。同様の分析を提供するPilotは、映画公開開始の最大18カ月前から他の追随を許さない正確さで興行収入を予測できるとしている」

しかしその反面、映画業界の関係者はAIに対して懐疑的な姿勢を貫いていたのも事実だ。

慎重な態度を示す映画業界

映画投資家でCinelyticのクライアントでもあるAndrea Scarso氏は、新テック企業の登場があってもAIに対する基本的な(=懐疑的な)考えは変わらないとしながらも、AIを使った新しいアプローチを完全に否定するものではないと主張する。「キャスティングする俳優など、いくつかの要素を変更することで同じ映画でもその後の興行成績が大きく違ってくる場合があることが分かっています」

ただし機械学習は、過去の膨大な定量的データに基づいているため保守的な結果を示す傾向が強く、逆に大ヒットするかもしれない独創的なアイデアやトレンドを捕捉することができないのも事実だ。映画界においては、事実として存在する過去の成功パターンをベースにしているため、前例のない斬新な試みは見落とされる傾向にある。またアルゴリズムが提示するデータ分析は、優秀なアナリストであればAIの助けを得なくても導き出せることが多いということは研究によって示されている。

映画業界におけるAIの活用方法

単純なデータ分析ならAIの方が人間よりも迅速に行うことができる。そのためAIは世界的な映画祭のようなイベントにおいて役に立つかもしれない。新作映画の買い付けを行う映画スタジオは、試写会が終了してからたった数時間の間にその映画の価値を評価し、配給権獲得のための入札合戦に挑まなくてはならない。AIはこのような切迫した状況に直面する映画関係者の判断をサポートするための有用なデータを提供できる可能性がある。

Warnerで配給部門のシニア・バイスプレジデントを務めるTony Kiis氏は次のように述べている。「私たちは、どんな映画をどうやって制作し、どのように世界中の映画館に届けるかという難しい判断を日常的に行わなければいけない立場に置かれています。そこにAIが提供する正確なデータがあればあるほど、観客を魅了する作品を多く届けることができるようになるのです」

 

この記事はDigital Journalに掲載され、NewsCredパブリッシャーネットワークによってライセンスされています。ライセンスに関する質問については、legal@newscred.comまでお問い合わせください。

pick up

new article

View All

当サイトからのお申し込みで
合計20,000ポイント*
獲得可能

詳しくはこちら
  • ※年会費31,900円(税込) 家族カード1枚目無料、
    2枚目以降13,200円(税込)
  • ※カードのお申し込みに関する詳細はこちらでご確認ください。
  • *アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム
    "メンバーシップ・リワード"のポイント