デジタル技術を活用して、簡単にお金を管理する方法

June 23, 2020
デジタル技術を活用して、簡単にお金を管理する方法
Scroll Down

私たちの生活のあらゆる面がデジタル化している中、特に金融分野は最もその恩恵を受けている。かつては財務をこなすのに膨大な紙の束やフォルダーの山に囲まれていたが、最近では家から快適にオンラインで銀行業務や予算管理、支出の追跡、振込、入金、請求書の送付、クレジットスコアのオプションをチェックすることができる。ペーパーレス化を推進し、デジタル技術を活用してより簡単に財務管理をしたいとお考えの方は、以下を参考にしてみてはどうだろうか。

学習

あなたはクレジットカードの年会費について把握していますか?与信枠という言葉に聞き覚えはありますか?個人ローンを組む際の担保や資産の活用方法を知っていますか?もしそうでなければ、身近にあるテクノロジーを活用しながら、今こそお金の仕組みを学ぶべきだ。たとえば、金融系ブログを読んだり、YouTubeのビデオを見たり、ポッドキャストを聴いたり、個人ファイナンスのオンラインコースを受講したりすることで新しい情報が得られ、経済をより一層意識するだろう。

予算管理

かつて予算管理は、膨大な量の請求書、支払明細書、領収書を整理することに頭を悩ませ、ほとんどの人は効果的に支出を予測することができなかったため、ストレスと時間のかかるものだった。今では、外出先でも予算管理ができ、食料品、家賃や住宅ローンの返済、光熱費、交通費、保険、その他のローンの支払いなどの支出の計画ができる。予算管理アプリを活用する際は、予定済みの生活費を除き、予期せぬ出費のために予備のお金を確保しておけば安心だろう。最もダウンロードされているアプリには、YNAB、EveryDollar、Personal Capital、PocketGuardがある。

支出の記録

予算管理のアプリを使った場合、すべての領収書を保管する必要がなくなる。従来式に領収書をスキャンすることで領収書を管理することも可能だし、それが面倒だという方には、Expensify、Receiptmate、SmartReceipt、NeatReceiptsなどのアプリがお勧めだ。

オールインワンシステム

上記のアプリのように、最近はユーザーが1つで自分の財務をすべて管理できるものを選ぶ傾向になりつつある。MintやQuickenのようなアプリは、銀行口座、クレジットカード、請求書、投資などを一括管理できるので、いつでも自分の財務状況を把握することができる。つまり、銀行口座に十分な資金があれば、余計な心配をしたり、お金が足りなくなったりすることがなくなるのだ。

投資と年金

日常的な支出以外にも、将来のための資産管理に役に立つアプリもある。今や多くのウェブサイトやアプリでは、投資先を決めたり、年金を統合したりすることができ、投資している銘柄がうまくいっているかどうか、年金基金がどのように成長しているか、古い年金プランのいずれかを新しい年金プランに移行できるかどうかなどが一目でわかる。たとえば、iPhoneやAndroidマーケットプレイスでは、Robinhood、Acorns、Vault、Clinkなどのアプリが選べる。

 

この記事はTechBullionのTechBullion PRが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークによってライセンスされています。ライセンスに関する質問については、legal@newscred.comまでお問い合わせください。

pick up

new article

View All

当サイトからのお申し込みで
合計20,000ポイント*
獲得可能

詳しくはこちら
  • ※年会費31,900円(税込) 家族カード1枚目無料、
    2枚目以降13,200円(税込)
  • ※カードのお申し込みに関する詳細はこちらでご確認ください。
  • *アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム
    "メンバーシップ・リワード"のポイント